Britannian Style Hinamatsuri 2016 – 姫の恩返し

昔むかし、あるところに、ナルト・キントキという農夫が住んでいました。
まじめでよく働く村一番の好青年でしたが、暮らしは貧しく一向に楽にはなりませんでした。
ある時彼は罠にかかった一匹のけものを助けてやりました。暗闇で姿こそよく見えませんでしたが、けものらしきものはキントキを何度も振り返り、うれしそうに森の中へと帰って行きました。

ある雪の降りしきる寒い夜。
一夜の宿を求めて若い女がキントキのもとへやって来ました。キントキは気の毒に思って女を泊めてやりました。女はその名をベニアカ姫と名乗り、都へ奉公に行くところだったのだと言いました。けれど、雪がやみ、春が来ても女は旅立つ気配を見せず、そのまま二人は結婚して幸せに暮らしました。

あるとき女はキントキに言いました。

「ねえお前さん。私はこう見えても機織の名手なの。どうか絹糸を買ってくださいな。立派な反物を織って差し上げましょう。そうすれば暮らしもちょっとは楽になるでしょう。」

キントキは女が言うことならと、貧しい家計から糸を買ってあげました。ところが機織部屋に入る前に、女はひとつだけ、キントキに約束させるのです。

「決して中を覗いてはなりません。約束を破ったら私たちはもういっしょにはいられなくなります。」

キントキは不思議に思いましたが、女の好きなようにさせました。

女の織る反物は思いの外良い値で売れましたので、二人はたちまち豊かになりました。金持ちになったキントキのもとにはあわよくば妻の座を奪おうと、よからぬ女たちが寄って来るようになりました。あるときそんな女の一人がキントキに言います。

「なんだってまあ、機を織ってるとこを見るなだなんて、きっとあんたの妻は化け物に違いないよ。」

そう言われるとキントキもだんだん心配になって来ます。
ある日とうとう、キントキは禁を破って部屋の中を覗いてしまいます。暗闇の中でうごめくそれは人の姿には見えず、キントキは腰を抜かしてしまいました。

「言いつけを破りましたね。私はもうあなたとはいっしょにいられません。さようなら。」

女はそう言い置いて、男のもとを去って行きました。

hinaline

日時:
※ 同日2回目以降に実施のシャードにつきましては遅れが発生する場合がございます。

2月26日(金)
出雲シャード / 21:00~

瑞穂シャード / 22:00~

2月27日(土)
大和シャード / 21:00~
桜シャード / 21:45~
————————————————-
※ 以降に実施のシャードは内容が異なるため、
内容についてのご案内は各EMサイトでご確認くださいますよう、お願い致します。

北斗シャード / 22:00~

2月28日(日)
飛鳥シャード / 21:30~
無限シャード / 22:15~
倭国シャード / 23:00~

————————————————-

集合場所:
禅都銀行(六分儀座標: 32o 16’N, 41o 37’W)
各シャードのEMホールにゲートを設置予定です。

◆ チャットチャンネルIzumo EM event(#なし)にお入りください。
◆ 戦闘準備の上、お越しください。
◆ 予期せぬ出来事が発生するかも知れません!貴重品はなるべく持ち込まないよう、お願いします。
◆ 以下に該当の場合、あるいはEMが問題ありと判断した場合はコールのうえ、
  イベント中止の措置を取らせていただく場合があります。
  - イベント進行の妨害、かく乱行為。
  - EM、あるいはほかのプレーヤーに対する侮辱的発言、またはそれに準ずる行為。
◆ 皆さんのイベントです。マナーを守って楽しく参加しましょう!

素材はFrameillustさんからお借りしました。ありがとうございます!

This entry was posted in イベントお知らせ. Bookmark the permalink.